このサイトは、北海道遺産「ピアソン記念館」とNPO法人ピアソン会に関するホームページです。
〒090-0036 北見市幸町7丁目4番28号 電話0157-23-2546  サイト開設2002年9月30日

ピアソン会メールアドレス  pierson@yacht.ocn.ne.jp

 ピアソン記念館&NPOピアソン会へご意見、お知らせ、お問い合わせなどある方は、上記メールアドレスへメールを送信して下さい。掲載させていただくかの判断は誠に勝手ではありますが、当編集室にご一任いただきたく、御了承をお願い致します。

   NPO法人ピアソン会(北見市指定管理者)編集室担当

HOME > ピアソン記念館について > 情報交換の場

編集室から
2019.7.20記、姉妹都市のエリザベス市からの訪問団をお迎しての行事も終わり、またハガティー米国大使の来館も無事終了し、いよいよ夏休みの時期になりました。

今年の6月から7月にかけての天候が、例年の北海道の気候と違うのでは、と思うような天気が続いています。そう呟いているうちに夏休みの季節になりました。北見は昨日の7月19日から「ぼんちまつり」が始まりました。

本年度、歓迎コンサートを始めとして、これから開催されるピアソン記念館の各行事に、伊藤園「お茶で北海道を美しくキャンペーン」の助成金が得られることになりました。ご報告です!

来館者ノート2019.7.15
とてもゆったりとしていて心が休まりました。これからゆっくり見ます。北見に来て良かったです。ヨコハマより  Seki
来館者ノート2019.7.12
ピアソン夫妻も素晴らしいけど、その住宅を復元維持しているNPOの皆様が素晴らしいと思います。1F のオルガンに触れられて嬉うございました。  茨城 としえ
来館者ノート2019.6.30
何の予備知識もなくふらっと訪れて見ました。建物の造り、歩くとギシギシ音なる床、静かにゆっくりと歴史を感じられる場所でした。素敵な時間をありがとうございました。  神奈川県 K Y
来館者ノート2019.6.13
北見市に住んで1年と少しです。このようにすばらしい建物があることも知らずにおりました。  
来館者ノート2019.5.30
ピアソン夫妻の活躍・功績の他、この建築の重要性についても知ることができ大変勉強になりました。道民でもまだまだ知らないことばかりですね! 札幌市 H S 
来館者ノート2019.5.15
娘と二人で来ました。静かな佇まいでピアソン宣教師夫妻が当時のたくさんの人たちとの交流を写真から感じます。この地にたくさんの宝を残してくれた事を感謝します。
来館者ノート2019.5.5
北海道の歴史の一部に触れられて、それが残されていることにも感動しました。R F