このサイトは、北海道遺産「ピアソン記念館」とNPO法人ピアソン会に関するホームページです。
〒090-0036 北見市幸町7丁目4番28号 電話0157-23-2546  サイト開設2002年9月30日

ピアソン会メールアドレス  pierson@yacht.ocn.ne.jp

 ピアソン記念館&NPOピアソン会へご意見、お知らせ、お問い合わせなどある方は、上記メールアドレスへメールを送信して下さい。掲載させていただくかの判断は誠に勝手ではありますが、当編集室にご一任いただきたく、御了承をお願い致します。

   NPO法人ピアソン会(北見市指定管理者)編集室担当

HOME > ピアソン記念館について > 情報交換の場

編集室から
2021.09.11記 緊急事態宣言の延長に伴い、ピアソン記念館も臨時休館が延長となりました。感染傾向は現象化しているようですが、病院での治療ができない状態が続く限り、感染予防の措置が緩められることはないように思います。やはり、感染した場合病院での治療ができないということは許されないと思います。感染予防の基本と原則を守り、もう少し辛抱しましょう。
編集室から
2021.08.27記 今月になり、再度の臨時休館をせざるを得なくなりました。新型コロナの猛威は衰えることを知らないようです。格言を思い出しました。『賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶ』。今私たちは体験に学ばざるを得ないような状況に追い込まれているようです。とても残念です。
編集室から
2021.08.17記 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8月7日土曜日から、8月15日の日曜日までの期間が臨時休館としていましたが、17日火曜日より感染防止対策を考慮したうえでの開館となりました。マスク着用は必ずお願いいたします。ワクチン接種者も同様です。よろしくご協力をお願いいたします。
編集室から
2021.08.04記 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8月7日土曜日から、8月15日の日曜日までの期間が臨時休館となることが決まりました。みなさまには大変ご不便をお掛けしますがご容赦ください。
編集室から
2021.08.03記  夏休みになり子供達の遊ぶ姿をピアソン公園で見ることがおおくなりました。子供達にとっては行動制限が1年半も続くと相当のストレスになっているのではと心配です。若者の感染が、全国的にも多くなってきているということは、長く続きすぎる行動制限に耐えきれなくなってのことなのかな? などど勝手に推測しています。  いずれにしろ、新型コロナに打ち勝つ薬が必要です。日本の製薬会社に期待したいのですが、取り巻く環境は、目先の利益ばかり追求している社会ですので、こんな時だけ「頑張ってください!」とエールを送っても、企業としての研究に対する体力が脆弱になっていて、世界の競争に勝てる人材がいるのか心配です。でも、底力を信じてエールを送り続けたいです。  ピアソン便りの第99号を発行しました。読んでください。その中の記事にも紹介していますが、本年は「ピアソン記念館開館50周年記念」の年になります。「50周年記念誌」を刊行しました。部数が限られていますので広く配布はできないですが、このホームページの容量が許せば、電子本として読めるようにもと考えています。少々時間をください。
編集室から
2021.06.21記  通常開館に戻ります。全道の感染状況もかなり下降になり、緊急事態宣言が解除になりました。 早く予防ワクチンが多くの人に行きわたるようになることが、新型コロナの感染を防ぐことになるようです。日本製のワクチンも年内には使用できるようになるみたいですが、数年は毎年予防ワクチンを全国民が使用しなければなりませんから、日本製のワクチン誕生が待ちどうしいです。
編集室から
2021.05.17記  臨時休館が決まりました。北見市の公共施設のほとんどが臨時に閉館することのようです。 早く予防ワクチンが多くの人に行きわたるようになることが、新型コロナの感染を防ぐことになるようです。日本製のワクチンも年内には使用できるようになるみたいですが、数年は毎年予防ワクチンを全国民が使用しなければなりませんから、日本製のワクチン誕生が待ちどうしいです。
来館者ノート2021.1.26
北見市(野付牛)の歴史にピアソン夫妻の功績はとても大きかったと初見ながら感嘆しました。ピアソンさん、スタッフの皆さん、ありがとう!(K.K.)
来館者ノート2020.11.27
名前が有名なことを知っていてふらっと訪れました。静かでで落ち着く空間です。いつかこんな素敵な家に住みたい。俳句のコーナーがお気に入りで、阿寒という俳句の句誌がなんだか素敵です。昭和の人々もきっと自分たちと心は変わりないんだろうなと、思いを馳せていました。それぞれの人々が書いた思いを覗けてなんだかいい気分です。ドライフラワーも素敵でした。ほおづきさんも、こんな綺麗になるんだと感動しました。
来館者ノート2020.11.12
江別市から来ました!!北見に出張で来ました。お休みが1日だけ取れたのでピアソン記念館に来てみました。可愛らしい建物、落ち着く雰囲気、107年も経つ建物とは思えませんね。沢山の人に知ってもらえますように。 M.
来館者ノート2020.10.29
21歳まで札幌市中央区大通り西14丁目に住んでいました。子供頃から16丁目の唐笠何蝶産婦人科の横をよく通っていました。お顔はしりませんでしたがピアソン記念館のために尽力された方であったことをはじめて知りました(札幌市H.S.)
来館者ノート2020.10.11
大阪から夫婦二人で来ました.とても素晴らしい建物で感激いたしました。ありがとうございました(大阪府在住)
来館者ノート2020.9.26
ピアソン夫妻と唐笠医師の熱い想い、ヴォーリズを介しての近江との繋がり、そして坂本龍馬の甥との縁。初めて知ったことだらけで驚きました。館内の雰囲気もとても素敵です。これからも永く語り継がれる場所でありますように。(札幌市在住、R.K.
来館者ノート2020.9.26
知床に行った帰り道で、ふと立ち寄った洋館。素敵すぎます……。落ち着いた空間で、優しく説明して下さった男性に癒されました……。こんな場所で夕日を見ながら生活したいです。日本での宣教師生活、大変だったでしょう。ありがとうございました。とっても気持ちの良い時間でした。(埼玉の夫婦
来館者ノート2020.9.22
今日は友人との帰り道だったので立ち寄らさせてもらいました。落ち着いた空間で、最近イライラしがちだった私の心も静寂さを取り戻しました。また、立ち寄らさせていただきます(K.P.
来館者ノート2020.9.21
北見市民ですが初めてきました。とても立派で、歴史がよくわかる建物で、来て良かったです。今度は祖母を連れてもう一度訪れたいと思いました。そして、こんなに広く、たくさんの資料がある中、とても綺麗に手入れされていることが凄いと思います。これからもたくさんの人にこの建物を伝えていただけたらと思います。ありがとうございました。
来館者ノート2020.9.21
これほど歴史的価値のある建物は他に類を見ません。ほとんど昔のままにのこされた部材等、素晴らしいです。これからもずっと残しておきたい、立派な建物として、後世に伝えて欲しいです。
来館者ノート2020.9.17
自分の家の近くの北星大学も深く関わりがあり身近に感じました。帰ってから家族に写真を見せてあげようと思います。(真来)