このサイトは、北海道遺産「ピアソン記念館」とNPO法人ピアソン会に関するホームページです。
〒090-0036 北見市幸町7丁目4番28号 電話0157-23-2546  サイト開設2002年9月30日

ピアソン会メールアドレス  pierson@yacht.ocn.ne.jp

 ピアソン記念館&NPOピアソン会へご意見、お知らせ、お問い合わせなどある方は、上記メールアドレスへメールを送信して下さい。掲載させていただくかの判断は誠に勝手ではありますが、当編集室にご一任いただきたく、御了承をお願い致します。

   NPO法人ピアソン会(北見市指定管理者)編集室担当

HOME > ピアソン記念館について > 情報交換の場

編集室から
2018.1.10記、新年を迎えました。今年もよろしくお願いいたします。昨年の暮れに、北見の画家故鷲見憲治さんの次女が当記念館を訪問してくださり、遺作となる絵画を寄贈してくださいました。故鷲見憲治さんは、当記念館保存の功労者である唐笠何蝶(当館に記念室を設け展示)氏の文化活動に共鳴し、唐笠何蝶亡き後も北見の文化活動を牽引された画家です。寄贈を受けた絵画は、先に寄贈を受けていたオルガンとともに、「唐笠何蝶記念室」に展示してあります。ぜひご覧に足を運んでくださいS.I2018.1.16記ピアソンさんの故郷のアメリカ・ニュージャージー州エリザベス市との姉妹都市提携50周年を、来年の2019年に迎えることになります。北見市では、昨年より「検討委員会」を設置し、『姉妹都市提携50周年記念事業』の企画を検討しはじめております。どのような交流が望ましいのか、どうぞご意見をお聞かせください。
来館者ノート 2017.12.27
北見で育ち、訪れたことが一度もなかった事を悔い改め、神奈川の地から遥々やって来た。歴史は、想い出とは、記録とは、素晴らしいものですね。また、20年後‥‥‥、変わらない風景のままで‥‥‥。
来館者ノート2017.11.25
初来訪! 静かで、そしてこれだけ愛されていいたことに驚きました。
     杉浦、札幌。
来館者ノート2017.11.11
北見に住み初めたばかり、ポーランド人の留学生です。ピアソン夫妻の博愛がとても印象的でした。来て良かったと思います。         N.Y.&N.K
来館者ノート2017.11.11
古い建物の維持の良さに感銘しました。また、訪れたいと思える場所です。  静岡県藤枝市