このサイトは、北海道遺産「ピアソン記念館」とNPO法人ピアソン会に関するホームページです。
〒090-0036 北見市幸町7丁目4番28号 電話0157-23-2546  サイト開設2002年9月30日

ピアソン会メールアドレス  pierson@yacht.ocn.ne.jp

 ピアソン記念館&NPOピアソン会へご意見、お知らせ、お問い合わせなどある方は、上記メールアドレスへメールを送信して下さい。掲載させていただくかの判断は誠に勝手ではありますが、当編集室にご一任いただきたく、御了承をお願い致します。

   NPO法人ピアソン会(北見市指定管理者)編集室担当

HOME > ピアソン記念館について > 情報交換の場

編集室から
2018.10.04記、9月6日、北海道胆振東部地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

編者も当時札幌の9階住居の娘のところにおり、おおきな揺れとテレビが倒れたり冷蔵庫のドアが開いて中のものが飛び出したり・本箱から本の散乱、その後の停電によるエレベータの使用不能、断水によるトイレの水を9階まで運ぶ作業、とすっかり腰を悪くしてしまいました。

 当記念館で9月8日に予定していた映画会「ラブ・レター」は、地震により急遽延期としましたが、10月27日に実施することとなりました。ぜひ参加ください。

 北海道大学構内にある新渡戸稲造を顕彰して建てられた「遠友学舎」で、平成遠友学校という講座が開かれていますが、9月25日に、「ピアソン夫妻」について小講演にて紹介してきました。

来館者ノート 2018.06.09
東京世田谷よりきました。ステキな建物、そしてピアソン夫妻の伝道活動すばらしいです。クリスチャンの私には、すべて子供の頃通っていた教会みたいに懐かしく思えました。北の大地での伝道に想いをはせ、ゆっくり見ることが出来て感謝でした。  山田
来館者ノート2018.06.02
家族4人で来ました。ずっと気になっていて初めてきました。古いオルガンを弾けて楽しかったです。  ほの、なおよし、まゆ、
来館者ノート2018.04.15
札幌から来ました。ピアソンさんのことだけでなく、関連することを多く学ぶことができました。 北海道教育大学 K.O.
来館者ノート2018.03.21
L.S.北見パレードを見に北見に来ました。北海道遺産ということで寄って見ました。とても素敵な館でした。