このサイトは、北海道遺産「ピアソン記念館」とNPO法人ピアソン会に関するホームページです。
〒090-0036 北見市幸町7丁目4番28号 電話0157-23-2546  サイト開設2002年9月30日

 当会では、ピアソン夫妻の著作物の翻訳出版をはじめ、日本での伝道活動の調査研究、書簡の収集翻訳、レポートの翻訳など、ピアソンブックレットとして、シリーズで刊行しております。また、各種のグッズを製作頒布し、その浄財をピアソン会独自の自主事業実施や企画展示のために役立てております。

HOME > ピアソン記念館について > 出版物・グッズ販売

改訂版「三柏のもり」

ピアソンブックレットNo.1 PIERSON BOOKLET
ピアソン夫妻を直接知る人々の話を集めて編集しました。
多くの人々から信頼されたピアソン夫妻を知ることの出来
る入門書的冊子です。

出版年/2004年3月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/500円

「日本 北海道 明治41年」

ピアソンブックレットNo.2 PIERSON BOOKLET
1908(明治41)年の頃の北海道の様子を、アメリカの伝道局へのレポートとして報告したものです。

出版年/2009年5月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/700円

ピアソン記念館「収蔵目録 第1集」

ピアソンブックレットNo.3 PIERSON BOOKLET
 ピアソン記念館に収蔵されている各種の資料を分類し、その資料の歴史的意義を解説している。ピアソン記念館展示品の解説書とも言える。

出版年/2011年2月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/500円

「ピアソン夫妻書簡・レポート」集

ピアソンブックレットNo.4 PIERSON BOOKLET
 ピアソン夫妻が、アメリカの伝道局へ送っていたレポートと書簡の中から、主だったものをピアソン邸建築100年記念の年(2014年)に翻訳し出版したもの。

出版年/2014年11月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/1000円

写真集「ピアソン夫妻の足跡」

ピアソンブックレットNo.5 PIERSON BOOKLET
 ピアソン夫妻の日本伝道活動40年の中で、その土地その地域、教会、学校等に残された写真を、系統的に分類し解説を加えたものです。

出版年/2016年3月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/700円

改訂版「六月の北見路」

原題名「Through Kitami in June」
 ピアソン夫妻が1910(明治43)年6月に、小樽から船に乗り、稚内を経由してオホーツク海に入り、雄武・湧別・遠軽・生田原・佐呂間・留辺蘂・野付牛(現北見)・美幌・陸別・帯広を回り、旭川への旅の紀行文。原文の英語も資料として掲載しています。

出版年/2002年12月 発行/NPO法人ピアソン会 頒布価格/2,000円

改訂版「使徒はふたりで立つ」

原題名「FORTY HAPPY YEARS IN JAPAN」
 ピアソン夫妻の在日40年の思い出を帰国後まとめて出版したものを、小池創造、小池栄両氏によって翻訳したものである。

出版年/2011年9月 発行/日本キリスト教会北見教会ピアソン文庫  頒布価格/1,500円

オリジナル押花

郵便物(はがきスタイルですが82円切手使用)としてもインテリアグッズとしても使用可能です。
 ピアソン記念館の庭で採集した草花を中心に製作してみました。種類は一点一点がすべて違う草花で製作されています。(主な草花/ハッカ、ラベンダー、ライラック、すずらん、などなど)

  頒布価格/一点 250円

オリジナル絵はがき

郵便物(はがきスタイルですが52円切手使用)として使用。
 ピアソン記念館の四季を写真で記録し、製作したオリジナルはがきです。種類は8種類。

  頒布価格/一点 100円、三点(同じものでも可)で250円。

マグネット

70ミリ×50ミリのマグネット(縦長で色は2種類)
 冷蔵庫やスチール製本棚などへ、メモなどを挟んでおけるなど、利用の仕方はいろいろとあります。。

 頒布価格/700円

マグネット

70ミリ×50ミリのマグネット(横長で写真の種類は5種類)
 冷蔵庫やスチール製本棚などへ、メモなどを挟んでおけるなど、利用の仕方はいろいろとあります。。

 頒布価格/700円

クリーナーストラップ

携帯電話などの液晶面を拭くものとして利用できます。
 ピアソンの庭で咲く桜の花などをデザインしています。

 頒布価格/一点700円